多民族国家マレーシア。百花繚乱・多種多様のごはんは、その縮図。ごはんを食べれば、マレーシアがわかる。マレーシアごはんの会は、屋外BBQやスイーツ祭り、マレーシアの祭りにあわせた食のイベント、マレーシア人シェフに習うマレーシア料理教室を開催。マレーシアごはんを通して、マレーシアの空気感・文化を体感してもらいたい。また、年に1度、現地の食文化に触れる、マレーシアごはんツアー in Malaysia を開催。さらに、現地でていねいに取材をし、マレーシアごはんの新しい魅力も発信。まだ知られていないマレーシアの魅力を伝えるために。Malaysia Food Net

malaysiafoodnetlogo2.jpg★マレーシアごはんの会イベント情報★
マレーシア料理教室、詳細決定! 5月28日(土)はマレーアジアンクイジーン(以下、MAC)横浜店にて、豆鼓ソースが食欲をそそるヨントウフ(マレーシア風おでん)。6月20日(月)は浅草の成田屋にて、世界の美食ランキング7位に輝いたアッサム・ラクサ。7月2日と16日は、MAC横浜店にて夏にぴったりの「ワンタンミー・ドライ」。こんがり炙った鶏チャーシュー、パンダンケーキの3品も教えます。■5月29日(日)は恒例の屋台祭り。渋谷のMACにておひとり様丸鶏一羽を用意。中にはジューシーなもっちりお米。ご参加、お待ちしています。LinkIcon詳細はこちら。

マレーシアごはんニュース in Japan 2016.5.24更新


●7月2日(土)、16日(土) マレーシア料理教室「ヤミツキ覚悟! 汁なしドライ・ワンタンミー&パンダンケーキ
マレーシアに暮らしていた頃、週イチで食べていたかも、というぐらい常習性のある麺。オイスターソースと胡麻油をベースにした香味タレを絡め、そこに甘辛のチャーシューとワンタンをトッピング。なんといっても特徴は、跳ね返るような強い食感のある極細麺で、日本ではめったに購入できませんが、このたびマレーアジアンクイジーン横浜店が極秘(?)ルートで入手可ということでこのメニューが成立! 当日、ご希望の方には麺の販売もします。ヤミツキ覚悟でご参加ください。翡翠色のパンダン・カステラも伝授します。
Malaysian Cooking class, 2/July and 16/July, Wantan Mee Dry and Pandan Cake
LinkIcon詳細はこちら。

●6月19(日)、20日(月) マレーシア料理教室「ツウが愛するペナンアッサムラクサ」
日本ではカレーラクサが人気ですが、本場マレーシアにさまざまなラクサがあります。今回は、魚だしの酸っぱ辛い「ペナン・アッサムラクサ」が登場! アスリシェフが故郷ペナンのラクサを再現します。サバやアジなどの魚の身を細かく砕き、そのままスープに加えるので、とろっとした舌触りが特徴。そこに酸味と辛味をプラスし、さっぱりとキレのあるスープに仕上げます。今回は、ご家庭でも作りやすいようにカンタンレシピにて伝授します。19日(日)は満席のためキャンセル待ち、20日(月)は空きがあります。
Malaysian Cooking Class, 19/Jun and 20/Jun, Penang Asam Laksa
LinkIcon詳細はこちら。

●5月29日(日) マレーシア屋台祭り「1周年記念、丸鶏一羽ロ―ストチキン
マレーシアの屋台文化を体験しよう!お客様の目の前で調理し、お客様のリクエストに応じて取り分けるスタイルです。今回は、屋台祭り1周年記念で、おひとり丸鶏一羽をたっぷり堪能していただきます。こんがりと焼かれたパリパリの皮に、しっとりジューシーな鶏身。マレーシアでもよく食べられている鶏料理ですが、さすがに1羽食べることは少ないかも…。3種のソースで、味の変化もお楽しみください。
Malaysian Kopi tiam Festival in SHibuy Whole Roasted Chicken
LinkIcon詳細はこちら。

●6月 大阪情報 マレーシア発の「ペルチック・バーガー」登場
大阪市内の 「ハードロックカフェ大阪」で、6月1日(水)~6月25日(土)の期間、 “ワールドバーガーツアー・マレーシアキャンペーン”が開催されます! マレーシアのハードロックカフェで実際に提供している人気のご当地バーガー「ペルチック・バーガー」が、日本に初上陸。240gのUSビーフパティに、ターメリック、ココナッツ、コリアンダー、チリといったスパイスが効いたペルチックソース(Percik Sacue)をたっぷりかけて。スパイシーでありながら、ココナッツミルクの濃厚さも味わえるボリューム満点のグルメバーガー、価格は2,180円(税別)です。また、期間中、マレーシアをイメージしたオリジナルカクテルの提供、往復航空券があたるうれしい抽選、若手人気シンガーYUNA(ユナ)などマレーシア出身のアーティストのミュージックビデオも放映。6月は大阪でマレーシアを味わいましょう~!
Malaysian “PERCIK” Burger in OSAKA Hard Rock Cafe
LinkIconハードロックカフェ大阪店の場所はこちら

●5月28日(土)、マレーシア料理教室。「客家ヨントウフ、魚頭ヌードル、センタン
マレーシアのおでんこと「ヨントウフ(醸豆腐)」が登場。今回はいつもの鶏スープタイプではなく、黒豆を発酵させて作る豆チソースをからめた客家スタイルです(もちろん鶏スープのアレンジも可)。鶏のすり身を野菜(なす・とうふ・苦瓜・油揚げ)に詰めた料理で、お弁当にも最適ですし、お子様でもOK。さらに、魚のだしで作るスープ麺(高菜と梅干入り!)と白木耳入りのデザート。中国系のマレーシア料理を学びましょう。
LinkIcon詳細はこちら

●CREAweb連載「喉を潤すだけじゃない南国の知恵 フルーツジュースで暑さ対策」
暑いマレーシアで快適に過ごすために重要な水分補給。マレーシア人は味の好みだけでなく、そのときの体調に合わせてドリンクを選ぶことが多く、果物を使った生搾りジュースや疲労回復や夏バテ解消に効能があるジュースがたくさん!そんなマレーシアのフルーツジュースに注目です!
LinkIcon記事はこちら

●ペナンレストラン@芝公園で、月1回、ナシカンダーnightがスタート。
月1回(程度)、土曜夜に「ナシ・カンダーnight!」を開催中。くわしくは下記のFBページまで。
LinkIcon詳細はペナンレストランのFBページまで。

2016年5月18日・19日 クアラルンプールにて「Taste of Japan in Kuala Lumpur」。現地コーディネーターを担当しました。

クアラルンプールにて、日本の農林水産省主催により、日本産の食材を使った料理講習会を開催しました。和食「日本橋ゆかり」の三代目・野永 喜三夫氏を講師にむかえ、日本料理の基本である昆布とカツオのだしのひき方や丸一匹ブリの解体法などの調理デモンストレーションを実施。試食コーナーでは、「だしたっぷり!空芯菜の冷たいスープ、ブリかつロール(寿司ロール)、ブリじゃがカレー風味」の3品を提供し、現地の飲食関係者や大手メディアなど約100名(2日間合計)に味わっていただきました。野永氏は、和食の作り方だけでなく、「食材を余すところなく使い切る」という料理人の精神や「四季のある日本ならではの料理の知恵」も伝授。また、マレーシアでポピュラーな空芯菜を冷たいスープに仕立てたり、肉じゃがの肉をブリに変えてカレー風味にしたりと、日本食にマレーシア人の嗜好を積極的に取り入れた料理を披露。この見事なアイデア料理に、現地シェフは「冷たいスープは非常に新しい味。リフレッシュできた!」「マレーシアの食材を調理に使ってくれて感謝している」と大絶賛。私自身も、野永シェフの情熱とアイデアに刺激を受けた2日間でした。これからも、マレーシアと日本をどんどんつないでいきたいです!

2015年7月7日、北九州市立大学にて「マレーシアの食とコミュニケーション講義」を担当しました。

北九州大学にて「マレーシアの食とコミュニケーション」というテーマで講演を担当しました。食を介してコミュニケーションを大事にしているマレーシア人について、仲間・歴史・多民族・歴史・言語という観点でご紹介しました。私が伝えられることは、たくさんあるマレーシアの魅力のほんの一部ですし、体験したことしか話せませんが、そこからちょっとでも日本とは違う新しい価値観を感じてもらえたら、うれしいです。さらに今回は、マレーシア時代に縁があって知り合った篠崎先生と「マレーシアあるあるトーク」も行い、とても楽しい時間。大学生さんのキラキラした目がとても可愛かったです。

2015年4月11日、マレーシア映画ウィークにて「マレーシアの食文化講座」を担当しました。

マレーシア文化通信『WAU』発刊メンバーの活動の一貫で、マレーシア文化講座「食文化からひもとくマレーシア」を担当しました。今回は、マレーシア映画ウィーク内プログラムとして開催し、500円のチャーシェフ特製「ナシレマ弁当」を食べつつ、マレーシア関連の企業の皆さまのお土産付で、盛りだくさんな内容に。講演では、マレーシアの食のマナー、風習(なぜバナナの葉で食べるのか、左手を床におく習わし)などをお話ししたあと、WAUメンバーの高塚さん、上原さんと3人でトークショー。失敗談や貴重な体験談が飛びだし、会場は大きな笑い声で包まれました。今後も、マレーシアをディープに、楽しく伝えていくことを大事にしていきます。

2014年7月15日、大阪府立春日丘高校にて「マレーシアの食文化セミナー」を担当しました

今年10月にマレーシアへ修学旅行にいく高校2年生320人に、多民族マレーシアの食の魅力についてお話しました。「人はそれぞれみんな違っていい。そのことをマレーシアの多種多様なごはんで感じてもらいたい」との思いを込めました。また、今回は関西在住のマレーシア人熊さんに登場いただき、思い出ごはんと和食の印象について公開インタビュー。聞いてくれた高校生が一番盛り上がったのは「熊さんの一番好きな和食は?」「嫁の作った親子丼!」でした。どうか、良き旅になりますように。そして熊さん、ありがとう!

2014年6月2日、白馬五竜観光協会にて「マレーシアの食文化&ナシレマの会」を担当しました。

長野県の白馬五竜。冬は雪景色、夏は濃い緑の山々が臨める美しい町。日本の大自然が体感できるとして、日本人だけでなく、海外の人にも人気の観光スポットで、ここ最近、マレーシア人の観光客も増加しているのだそう。そこで今回、ペンションのオーナーさん達等に向けて「マレーシアの食文化 ~マレーシア人が好む和食~」について講演を担当させていただきました。また、マレーシア料理を実際に味わってもらおう、とナシレマを提供。料理のプロである、ミキさん、マリさんにご協力いただき、アヤムゴレン(マレーシア版唐揚げ)付きのナシレマプレートをテタレと一緒に味わっていただきました。参加の皆さんはほぼ全員がマレーシア料理初体験。サンバルイカンビリスのピリ辛さに驚き、ご飯のほんのりとした甘さにビックリし、さらにテタレの激甘っぷりに悶絶されていました…。ちょっと刺激的すぎたかも…ですが、きっとマレーシアという国は心に刻まれたと思います!

2014年2月12日、日本アセアンセンターで「食文化セミナー Part2」を開催しました。

日本アセアンセンターにて「マレーシア食文化セミナー part2」を開催。私の講演に加え、念願だったマレー系、中国系、インド系のマレーシア人にも登場ていただきました。テーマは「マレーシア人に聞く。日本で驚いた食文化」。会場からもマレーシア人のヘンドラさんや楊さんが発言して下さり、まさにマレーシアらしい雰囲気。壁一面に飾ったマレーシアごはんのカラフルな写真を見て、マレーカンポン特製のナシレマを食べて。参加者の皆さまにはマレーシアをたっぷり体感していただきました。

古川音の活動報告サイト「Oto Furukawa」を立ち上げました。

こちらのサイトにて、今後はインタビュー、活動報告、レポートなどを掲載していきます。
LinkIconoto furukawa

2013年12月11日、早稲田ICCで「マレーシアフェス」に参加しました。

早稲田大学ICCの「マレーシアフェス」にてマレーシアの食文化紹介を担当しました。「30年前にシャーアラムに住んでたよ!」という大先輩からマレーシア人の留学生まで、色んな方が来てくれました。また、ニョニャ・クバヤテーラーのイエンさんによる実演も同時開催。参加者の目の前で、クバヤに刺繍をするイエンさんの姿の美しいこと! 料理人が料理をする姿もそうですが、職人が仕事をしている姿はほんっとカッコイイ。かないませんね。

2013年1月15日、東京新聞で紹介されました。

マレーシアごはんの会の活動が2013年1月15日付の東京新聞にて紹介されました。マレーシアについて記者さんと盛り上がった濃い1時間。私の伝えたいことをしっかり記事にして下さってます。ありがとうございました!


※アイコンをクリックして詳細へ!


マレーシア料理の魅力を
Youtube動画で配信中
(動画レシピも!)
チャンネル登録をぜひ!


女性誌CREAのウェブサイトで
「マレーシアごはん偏愛主義」連載中


総合Web情報誌All Aboutで
「マレーシアガイド」担当


日本エスニック協会の
アンバサダーとして、コラムを執筆


マレーシアの文化通信『WAU』を発刊
PDFにて配信中(季刊誌)
Hati Malaysiaというチームで活動しています























1992年創刊・日本語版
マレーシアの生活情報誌&電話帳
『ハローアジア マレーシア』
最新刊2016版を入荷しました!
LinkIconご予約・詳細はこちらに